■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

たこ焼きについて語ろう

1 :立川の名無しさん : 2020/01/10(金) 13:50:50
たこ焼きの創始者は、大阪市西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉とされている[1][2]。1933年(昭和8年)、遠藤はラジオ焼きを改良し、従来のこんにゃくの代わりに醤油味の牛肉を入れて肉焼きとして販売。
1935年(昭和10年)、タコと鶏卵を入れる明石焼に影響を受け、牛肉ではなくタコ・鶏卵を入れるようになり、たこ焼きと名付けた[1][2]。遠藤の故郷会津の郷土料理であるこづゆの味付けを模したダシで、
小麦粉を溶いて仕上げていたという。
会津屋のたこ焼きは、生地に味がついているため、
何もかけずに食べるが、戦前は会津屋以外のたこ焼き屋でも出汁や醤油風味で何もかけずに食べるたこ焼きが大半だった。
第二次世界大戦前の大阪では、2個で1銭程度の価格で売られていた[4]。
戦後、1948年にウスターソースを改良したとんかつソースが発明されたことにより、お好み焼き屋やたこ焼きにも用いられるようになったが、大阪では現在でも古くから営まれているたこ焼き屋で、
出汁や醤油風味のソースをかけないたこ焼きが売られている例がある。
ソースの普及後、たこ焼きを販売する者が増え、また週刊誌が大阪らしいものとして紹介したことで普及が加速し、1955年には大阪市内でたこ焼き店が5000軒はあるという説が出るほど一般化した。
その頃は10円で4個から6個という価格であった。 
当時はタコをかなり細かく刻んで入れていたため、「たこ燒きの たこらしいのが 齒にあたり」(梅柿)という川柳も残されている。
1960年代中頃には、関東地方でも屋台での販売が見られるようになる。東京の銀座では生地にエビのすり身を入れたたこ焼きの屋台が、独特の風味で人気を博した。
九州地方では福岡県の八ちゃん堂が1977年に自動車による移動販売を開始し、翌1978年にフランチャイズ営業を開始[5]して、普及を促進した。



8 :立川の名無しさん : 2020/01/11(土) 03:06:58
多数の半球状の窪みのある鉄鋳物(製品によってはアルミニウム鋳物、銅板、アルミニウム板、ステンレス板の打ち出し)のたこ焼き器を火にかけて加熱する。窪みに油を塗ってこびりつかないようにする。
だし汁で溶いた小麦粉に薬味を加えた生地をたこ焼き器の窪みに流し込み、タコなどの具材をひとつひとつ入れてゆく。
しばらく加熱をして、たこ焼き器と接する面がカリッと焼けたら、先の尖った錐を窪みの表面に差し込んで、窪みの周囲に沿って一周させて剥がし、
次に窪みの中でひとつひとつ上下を反転させて、中の生地を下に流し出し、 
球形に焼き上げる。半球ずつ形成し、中に空洞を作るのが食感良く仕上げるこつ[9]。
焼きあがったら、錐で刺すか掻き上げて容器に移し、ソースやたれを塗り、好みでマヨネーズもかけ、青海苔、削り節等を振りかけて提供する。
たこの代わりにチーズなどを入れることもある。



9 :立川の名無しさん : 2020/01/11(土) 03:08:03
屋台で調理中のたこ焼き



10 :立川の名無しさん : 2020/01/12(日) 00:27:45
屋台で調理中のたこ焼き



7 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13