■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

昔話おとぎ話童話について語ろう

1 :立川の名無しさん : 2019/11/16(土) 17:30:01
昔話
時代、場所、人物を不特定に語っている。架空の話。つまり「これから話すこは嘘の話だから信じないでくれよ」と宣言し、
話し終わりに「ここまでが嘘の話でした」という意味の結末句をつける。
おとぎ話
これは話の種類ではなく性質。嘘の話、架空の話。(昔話は、おとぎ話の一種といえる)
童話
たいては創作を指す。
(広く、子供向けの話という意味に捉えれば、昔話に子供向けの話もあるのでそう言える話もある)
※「グリム童話」は、グリム兄弟が、昔話を収集し、少し手を加えたもの。純粋な昔話ではないが、
創作童話でもない。昔話の性質を8割くらい持っている。伝説
時代、場所、人物を特定して語っている。
つまり「これから話すことは本当の話だから信じてくれよ」と。伝説は信じられることを欲している。
世界中の民族が、この二種類の話を持っている。
神話
神々が登場する話。それぞれの民族のもとはこうだったんだよ、という話。本当の話として伝えている。



2 :立川の名無しさん : 2019/11/16(土) 19:19:34
「ガチョウと黄金の卵」(ガチョウとおうごんのたまご、英:The goose and the golden egg)は、イソップ寓話のひとつ。
あらすじ
ある日農夫は飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを見つけて驚く。
それからもガチョウは1日に1個ずつ黄金の卵を産み、
卵を売った農夫は金持ちになった。しかし農夫は1日1個しか卵を産まないガチョウに物足りなさを感じ、
きっとガチョウの腹の中には金塊が詰まっているに違いないと考えるようになる。
そして欲を出した農夫はガチョウの腹を切り裂いた。
ところが腹の中に金塊などなく、その上ガチョウまで死なせてしまった。
教訓
欲張り過ぎて一度に大きな利益を得ようとすると、その利益を生み出す資源まで失ってしまうことがある。
利益を生み出す資源をも考慮に入れる事により、長期的に大きな利益を得ることができる。



2 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13