■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

縄文土器総合スレ

1 :立川の名無しさん : 2019/10/28(月) 03:20:03
「火焰型土器」国宝・新潟県 笹山遺跡出土 深鉢形土器 高さ46.5p 新潟県十日町市博物館
縄文土器は大森貝塚を発掘したモースによって見出され、英文報告書で cord marked pottery(索文土器)とされた。しかし貝塚土器など様々に呼ばれ、
結局、縄目文様という発想から命名された「縄文式土器」の用語が定着した。 1975年(昭和50年)、佐原真は土器の名称に「式」を使うことの不合理を説き、
「縄文土器」の名称を使うことを提唱し、以後、一般化した。 編年作業が精緻化した今日においては「縄文土器」の用語が用いられることが多く、
その場合、「縄文(縄目文様)が施された縄文時代の土器」という意味(狭義の縄文土器)と「縄文時代の土器一般」(広義の縄文土器)という2つの意味で用いられる。また、
山内清男や佐原真など一部の研究者で縄紋土器の用語を用いているものもある。
これは、土器表面に施された模様が一種の紋章の意味を成しているのではないか、
という考えによるものである。
一般に、縄文土器の作られた時代が縄文時代であるが、日本列島における
土器の出現=縄文時代の始まりであり、明確な稲作農耕文化に伴う土器型式は弥生土器とされる。また、
上述のように、縄文時代の土器すべてが縄目文様を施すわけではなく、さらに縄文時代を通じて土器に縄文を施さない地域もある。
そのため、縄文時代に作られた土器をもって縄文土器であるという定義もある。
このような定義は再帰的かつ同語反復にも見えるが、あまりにも多様で、土器であるという以上の普遍的定義が難しい縄文土器の実態を考えると、
境界領域では納得せざるをえない



1 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13