■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

駅弁について語ろう

1 :立川の名無しさん : 2019/06/12(水) 01:30:11
駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当を指す。1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である
日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説ある。1885年(明治18年)7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」がこの日開業した
日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んで販売した例が、前述のように最初とされるそのため、宇都宮説による駅弁発売日である7月16日は「駅弁記念日」となっており、
数多くの文献やウェブサイトが駅弁記念日を紹介する際に宇都宮説を紹介している現在のような折詰に入った駅弁は、1890年(明治23年)に姫路駅でまねき食品が発売したものが最初との説がある
また農文協(社団法人 農山漁村文化協会)刊行の「日本の食生活全集 28 聞き書 兵庫の食事(1991)」にも
「元祖・駅弁--姫路の『まねき』」と題する記述があり、そこでは1889年(明治22年)に姫路駅で発売された物を駅弁の元祖とし以下のように述べている。
日本初の駅弁は、明治十八年に日本鉄道会社宇都宮駅で売り出されたものというが、
これはにぎり飯二個を竹の皮で包んだだけであった。折り箱に入った幕の内風で、その後の駅弁の形をつくり出したのは、この姫路の駅弁が元祖といえる。



2 :立川の名無しさん : 2019/09/04(水) 02:27:37
崎陽軒 シュウマイ弁当 横浜



3 :立川の名無しさん : 2019/09/04(水) 02:27:54
崎陽軒 シュウマイ弁当 横浜



1 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13